労働条件に関する総合情報サイト「確かめよう労働条件」について

●大学等への入学後、早3箇月が経過しようとしているこの時期、既にアルバイトを始めている学生等の皆さんは多いのではないかと思いますが、始めてからでも、その労働条件等に疑問に思うことがあれば、迷わず、泣き寝入りせず、先ずは相談をして下さい。

※厚生労働省からは、その周知・啓発のための各種リーフレットが発出されています。先ずは、目を通して下さい。

・仕事(アルバイト)のトラブル~こんな事で困っていませんか?~(i_42_1)

・学生の皆さんへ~アルバイトをする前に知っておきたい7つのポイント~(i_42_2)

・事業主の皆さんへ~「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーン中です!!~(i_42_3)

また、学校等を卒業後、社会に出て働き始めている皆さんの中には、職場での処遇等に疑問や不安に思うことにぶち当たっている方々も多いのではないでしょうか?

※主に、そのような学生等の皆さんや新社会人の皆さんを支援するためのツールとして、「RJ(労働条件)パトロール」(i_42_4)という労働条件学習クイズアプリ(スマホなどにダウンロードできます)が開発され提供されています。上司等との会話の中からNGなものを指摘させるといった労働条件学習クイズ、労働基準法を始めとした労働関係法令の解説、相談窓口・情報受付窓口といった内容が含まれており、非常に使い勝手のいいものになっています。是非、ご活用下さい。

「スタートアップ労働条件(事業者のための労務管理・安全衛生管理WEB診断サイト)」(i_42_5)

・自社の労働条件をチェックして、WEB上で診断結果を得ることができるようになっています。一般的な設問(41問)と、自動車運転者(トラック・バス)(各8問)や介護に携わる者(10問)を対象とした設問が設けられています。

・当該サイトには、「36協定届(新様式に対応)」「1年単位の変形労働時間制に関する書面」「就業規則」の作成を支援してくれるツールも用意されています。

是非、ご活用下さい。

「36(サブロク)協定とは」(i_42_6)

その意義とともに、「しっかり学ぼう!働く時の基礎知識(確かめよう労働条件)」の解説ページや各種リーフレットも掲載されています。是非、ご活用下さい。

その他関連情報(法令・制度の紹介や労働条件に関する重要な裁判例など)

についての総合的なサイトです。是非、アクセスの上、ご覧下さい。

 

<全国各労基署に「労働時間相談・支援コーナーが設置されています(平成30年4月1日から)>

「労働時間相談・支援班」が窓口・電話相談に対応するとのことです。詳細は厚生労働省から発出されているリーフレット(i_42_7)をご参照下さい。

また、「調査・指導班」も設置され、

長時間労働の抑制と過重労働による健康障害の防止のため、「労働時間改善特別対策監督官」として任命された労働基準監督官が監督指導を行うとのことです。ご留意下さい。

 

 

コメントを残す