生活習慣病予防健診・特定健康診査に対する費用一部補助について

協会けんぽでは、平成30年度において、その被保険者向けに「生活習慣病予防健診」につき、当該被保険者の被扶養者向けに「特定健康診査」につき、それぞれ、その受診費用の一部補助事業が実施されています。また、その任意継続被保険者*とその被扶養者向けにも、同じく、「生活習慣病予防健診」と「特定健康診査」が実施されています。年齢条件や健診項目にも制約があるものの、是非この機会に健診をお受けになることをお勧めします。それぞれのリーフレット(PDF)をリンクしていますので、ご参照下さい。

*退職などにより、健康保険の被保険者の資格を喪失した場合でも、当該資格喪失日の前日まで継続して2箇月以上被保険者であって、当該資格喪失日から20日以内に保険者に申し出た場合には、当該資格喪失日に遡って、「任意継続被保険者」になることができるものです。なお、期間は当該資格喪失日、つまり、「任意継続被保険者」としての資格取得日から2年間です。また、保険料の額は、退職時の標準報酬月額がベースになりますが、それが280,000円(なお、平成31(2019)年度からは300,000円(注))を超える場合には280,000円(同)が上限となります。また、平成30年10月より、「任意継続被保険者」の一般被保険者資格喪失時に(つまり、在職時より引き続き)被扶養者であった者の場合と新たに被扶養者になる場合、それぞれについて、被保険者と同居している場合と別居している場合とに分けて、所得証明書等の添付書類の提出が厳格に求められるようになっています。ご留意下さい。詳細についてはこちら(i_37_1)からどうぞ。

➣当該額は、前年(1月から3月までの標準報酬月額については、前々年)の9月30日時点における全ての協会けんぽの被保険者の標準報酬月額の平均額(291,181円とのことで、当該額は、標準報酬月額の第22級(300,000円に該当))を標準報酬月額の基礎となる報酬月額とみなしたときの標準報酬月額にすると健康保険法に規定されているためです。

※なお、現在、生活習慣病予防健診を受診するには、被保険者・事業主様から協会けんぽへの申込みが必要ですが、令和2年4月1日受診分からは、協会けんぽへの申込みを廃止することになるとのことです。従って、被保険者・事業主様から健診実施機関に対してのみ、予約申込みを行うことになるとのことです。その他詳細については、協会けんぽホームページにおいて特設ページ「申込書の廃止について(生活習慣病予防健診)」が設けられています。ご確認下さい。

コメントを残す