健康保険料率・介護保険料率の改定について


令和3年2月12日更新

【平成30年度の健康保険料率・介護保険料率の改定について】
平成30年4月分(5月納付分)からの健康保険・厚生年金保険の保険料額表(ただし、厚生年金保険については平成29年9月分(10月納付分)からの分が記載されています)(平成30年4月1日から改定された「⼦ども・⼦育て拠出⾦率(0.29%)*1」が反映された分です)(1_1.pdf へのリンク)です。実務的には、平成30年5月に支給の給与から当該新保険料を徴収し、当月末に納付するという形になります。

令和1年度の健康保険料率・介護保険料率の改定について
令和1年度の都道府県単位保険料率(ただし、厚生年金保険については平成29年9月分(10月納付分)からの分が記載されています)(平成31年4月1日から改定された「⼦ども・⼦育て拠出⾦率(0.34%)」が反映された分です)(1_2.pdf へのリンク)が改定されました。兵庫県の保険料率は10.14%(101.4/1,000)(平成30年度10.10%(101.0/1000))で前年度より0.04%(0.4/1000)増となっています。
令和1年度の介護保険料率は全国一律で、1.73%(17.3/1,000)(平成30年度1.57%(15.7/1000))となりました。前年度より0.16%(1.6/1,000)増となっています。

令和2年度の健康保険料率・介護保険料率の改定について
全国健康保険協会(協会けんぽ)は、令和2年1月29日に開催された運営委員会で令和2年度都道府県単位保険料率を決定したとのことです。兵庫県の保険料率は10.14%(101.4/1,000)で、前年度からの据置きです。
また、令和2年度の介護保険料率は全国一律で、1.79%(17.9/1,000)(令和1年度1.73%(17.3/1,000))となりました。前年度より0.06%(0.6/1,000)増となっています。

令和3年度の健康保険料率・介護保険料率の改定について
全国健康保険協会(協会けんぽ)は、令和3年1月26日に開催される運営委員会に令和3年度都道府県単位保険料率(案)を提示するとのことです。それによれば、兵庫県の保険料率は10.24%(102.4/1,000)で、前年度からは引き上げられることになっています。
また、令和3年度の介護保険料率は全国一律で、1.80%(18/1,000)(令和1年度1.73%(17.3/1,000)、令和2年度1.79%(17.9/1,000))になるとのことです。年々上昇しています。

※令和3年度都道府県単位保険料率の決定について(案)はこちら(1_5.pdf へのリンク)からどうぞ
※健康保険・厚生年金保険の保険料額表(令和3年3月分(4月納付分)から)(兵庫)(1_6.pdf へのリンク)

*1 なお、⼦ども・⼦育て拠出⾦率が改定された理由については、人事労務トピックスにある「雇用関係助成金について」において記載しています。ご参照下さい。

コメントを残す