平成29年度年金額の引下げについて


平成28年度の改定率か0.999で、そこからの0.1%(0.001)の下げですので、平成29年度の改定率は0.999×0.999≒0.998となりました。法本来の年金支給額が780,900円(満額の場合)ですので、平成29年度の実際の年金支給額は780,900円×0.998≒779,300円(同)となり、月額は779,300÷12≒64,941円(同)となります。

※平成29年度の年金額改定のお知らせ(厚生労働省発表)(3_1.pdf へのリンク)

コメントを残す