骨髄ドナー確保等活動支援金制度について


令和3年3月19日更新

 白血病などの治療に有効な骨髄移植は、骨髄を提供するドナーの善意に支えられて、移植を待つ患者の大部分に適合するドナーが確保できている現状とのことであるが、一方で、ドナー登録者が仕事を休むことへの気兼ねや骨髄採取への不安から移植に至らないケースが見受けられる現状もあるとのことです。そのような現状を克服し骨髄移植の円滑な推進を図るためにも、「健康づくりチャレンジ企業」として登録されていて、骨髄提供のための休暇制度の導入等骨髄を提供しやすい職場環境づくりに取組む企業等に対し、支援金を交付する制度が実施されているとのことです。

※ 兵庫県健康福祉部健康局薬務課長名による当該制度の周知依頼文書及び「骨髄ドナー確保等活動支援金」のご案内はこちら(information6_1.pdf へのリンク)から

※ 兵庫県健康福祉部健康局薬務課より発出されている「勤労者の骨髄ドナー確保等活動支援金」のご案内(令和2年度版)はこちら(information6_2.pdf へのリンク)から

※ 兵庫県ホームページにおいては、「勤労者の骨髄ドナー確保等活動支援金について」とする特設サイトが設けられています。


コメントを残す